LINK
個人向けのカードを使用しお金を借りる時に、いくらの金利でお金を借りているか分かっているでしょうか?カードローンを持つ際に、利子を注意して、どこの業者に手続きするか考える人は大勢いるでしょうが、実際に銀行又は金融機関が発行するカードを使用するケースでは、大抵の方は何も悩まずに「金欠だからキャッシングするんだ」と利用しているはずです。返済時にも月にこの金額を支払えばオッケーと何となく返済している方がほとんどではないでしょうか。頭の奥の方では利率が乗かっている事は分っていても、そのことを考えながら返済している人はわずかだと思います。「どちらの個人向けのカードローンも違いがないだろう」と諦めている人もいるのではないでしょうか。よく考えてみてください。銀行又は金融機関が発行するカードをの手続きする時には、どの金融会社が金利が低いのか調査したはずです。数は少ないとは思いますが、最初に見つけた消費者金融に申込みを行ったという人も少人数とは思いますがいるはずですが、貸金業者などによって決められた利率が変わるのです。そうしてその金利の幅の違いは数%にもなるのです。結局使用するなら金利の低い方がリーズナブルなのは当然で、条件さえ合えば相当低い金利で使用できる企業もあると思います。いくつかの会社の金利を比較しましょう。消費者金融の会社はおおよそ6.8%〜18%の幅の利率枠となります。このような最低金利で2%弱、最高利息だと4%もの開きがあります。どう思いますか?これほどの範囲が有れば、少しでも利子の低いカードを使った方がお得なのではないでしょうか。しかし各業者の申し込みの際の審査内容やサービスの内容に開きが有りますので、この事は知っておく必要があります。貸金業者内には1週間以内にお金を返済すれば無利子で何度でも利用可能借り入れする方に優しいサービスを揃えている所もあり、数日しかお金を借りないで良いと考えている人は、無金利で借りられる所を探した方がお得と言えます。