LINK
最近、お手軽に使用できるカードローンですけれども忘れてはならないのは会社というものは売上を立てて行くために利息を付加しているということです。貸主はローン会社ですから当然なのですが借入の利率というものはかなり高いものです。グレーな利率が通用していた時代には29.20%などという考えられない高い利息で契約設定していたのです。おまけに昔は総量規制というものがありませんでしたから、どんどん口座作成していたというわけなのです。そうした結果、不良債務者を輩出しお手上げになる方が増えてしまいました。そして総量規制により自らの退路を塞ぐことになってしまいました。それはそうとして現在では利子は大幅に低い水準になったのですが、それでもなお住宅ローンと比べて高いことには異論ないと思います。キャッシングする金額が些少であればそうは重い負担にはならないかもしれませんが高い金額のカードローンをすることになると、それに応じて支払時間も多くなり、金利として返済する額は結構なものとなるはずです。現実問題としてシミュレータで算出してみたら最終的にはものすごい額を返済していることが認識できると思われます。こういった内容を当たり前だと思うか無駄なことであると感じるかは借りた人の考え方次第ですが私でしたらこれだけのお金があるのなら多くのものが買えるのになと躊躇してしまいます。こ利子を支払いたくないというような場合はできるだけ支払い回数を繰り上げることです。少しでも繰り上げ返済をしておくと、返済回数を減らすことが可能となります。本当に必要もなくカードローンするような方はいないはずです。どうしても必要で借りることになるのですから、あとは支払いをほんのわずかの額でも縮めるという忍耐力が必要です。さらにお金に余力がある場合は多く支払って早い目の支払いをしなければならないのです。